*
Bricscad 解説へ
CAD情報サイト… もっと広めたい、高性能・低価格のBricscadの利用… CAD_Web

CADPAC・標準化計画推進中    

トップへ戻る
ICAD MX

  // ICAD の使い方 基本操作 // 

… ゼロから始める ICAD Menu …  

『ゼロから学ぶ、ICAD-MX です。早速始めましょう…

1. 基本操作・画面操作

デスクトップから インストールされると、ディスクトップにショートカットアイコンが出来ています。
こちらを、実行して起動します。

起動は、ダブルクリック起動・アイコンクリック+右クリック→開く

メニューから
Window スタートメニュー
すべてのプログラム
ICAD → ICADMX  

ダイレクト起動~Windows スタートメニュー 『プログラムとファイルの検索』 Iと入力 『I…で始まるプログラムとファイルが一覧されます』手間はかかります。客先によって複製のある場合には、有効です。
※~Win 標準最近使ったものからも出来ます。 これが結構邪魔なときもあります。CADPACでは、最新の履歴を消去出来ます。(CADPAC上ですが…) 仕事が切り替わったり Assy 編集が切り替わったりした時には、大変便利な機能だと思っています。 一日の終わりにリセットして、明日の朝始めるファイルをドロップして保存という利用の仕方です。


ICAD-MX を初期設定に戻すには…

 環境設定ツールが用意されていますが、環境保存再現のツールでは無いようです。 さて、色々といじったら元に戻せないのか? 『管理→修復』か?
初期状態は、再インストールしかないのか?
※~ 最初に、ユーザーセットアップ作成編集ツールで、新規作成をしておきましょう。

2.起動画面

起動すると、選択メニューが現れます。
 新規作成図面
 標準の単位系で新規 mx2
 単位系を指定して新規
新規モデル作成
 アセンブリ新規-mxa
 部品を新規 mxp
 複合モデルを新規 mxu
既存ファイルを開く
自動保存された図面を開く

 ここでキャンセルするとこの画面を出すことが出来ないようです。



 起動選択メニューを閉じると上記のメニューとなります。

サンプル・基本資料の保管場所
 
*:\ICADMXV7L1\COMMON    *は、インストールドライブ

まずは、サンプルを開いて操作のお勉強から開始ですね。
その前にCADデータには、拡張子がつきものです。調べて見ましょう。

I-CAD/MX の拡張子
 調べても詳しい解説は、無いようです。 ファルを開いて保存しようすると現れる利用可能なファイル形式で分かります。
.mx2 ~二次元図面
.mxo ~オーバラップ図面
.mxa ~三次元アセンブリ
.mxp ~三次元部品
.mxu ~三次元複合モデル

 標準の 吐き出し形式、(2D)
ここで、見慣れない.dos・.nur・.mcd というファルもあります。その調査は、今回しないことにして…。噂では、2Dからのデータでモデリングするのも簡単ですよ!と聞きます。 日本生まれのCADですので、図面用紙・記号なども充実しているはず?  この辺も興味がわくところです。

■ 初の用語『オーバラップ図面』
 オーバラップ? 何かを重ねる? そもそも、CADはレイヤーで重なっているが・・何でしょう ※~ ヘルプ機能は、エラー重視 詳しい解説はありません。

 *:\ICADMXV7L1\Manual マニュアルPDF保管場所- 二次元ビギナーから

※~  ここまで書きました~  (^^;)

単位系の選択
 ミリ系 にチェック

『終了』

これで、1枚の図面白紙が出てきます。

CADは、コマンド+指示+オプション+起動 という手順で進みます。
何を… どこに… どこから… どこまで… ○○のオプションで○○する。
と言った手順となります。
円を描きたい→ circle・アイコン →どの位置に → いくつの径で…
となります。 このときの文法みたいな手順がCADの特性です。 コマンドバーに注目すると、次に『あなたは』なにをしたいの? 何をしなければいけないのか?のヒントが出ています。 この次は? となります。このコマンドの種類と手順をマスターすることが、CAD を覚える時のこつです。インターフェース確認

このコマンド実行には、いくつかの方法があります。
コマンドアイコン
  CADに用意された領域のアイコンをクリックする方法
ダイレクトコマンド
  コマンドバーに、ダイレクトに入力して実行(+Enter)する方法
メニューコマンド
  ファイルメニューバーから、ファイル(F)… 作画→ と選択実行する方法
ショットカットキー
  あらかじめキーにコマンドを割り当て実行する方法



このように広がって、マスターするCAD操作の繰り返しとなります。

 CADPACの使い方、Blog始めました  
スポンサードリンク:

 



-----------------------
スポンサードリンク:
正規代理店:
bricscad.jp へ
-----------------------




information店舗情報


*


 
基本操作・画面操作
起動画面
作画 2D
3D-Assy機能 
操作カスタマイズ
JIS寸法設定
 第二段階
 スタート図面
空間とレイアウト
印刷の設定と確認
カスタマイズ
   関連広告
  Bricscad 購入サイトへ
   CADPAC裏技集


CAD_Web

*
 ■CADPAC Link
カスタマイズ資料(alfatech)  
Bricscad始めました-サイトへ
無料ツール(bj.soft)  
無料アドオンツール(公式)  
よくある質問(alfatech)
















ICAD-MXとは
 2次元設計の延長で3次元効果を短期間で得られる、2次元/3次元 混在設計環境を実現した3次元CADです。MXは、マイクロキャダムの資産を継承できるようカスタマイズされたCADです。 一方 「SX」は、独自に進化させたCADとして発展しています。 似ていますが、データの互換はありません。 操作も、似ているようですが、コマンド体系が異なるのでかなり違うようです。

ノンヒストリー
2Dの延長で3D間隔は、斬新ですが、編集は履歴を持ちませんので操作のし直しとなります。親子関係や拘束がない分自由度は、高くなります。

スイープから始まる
一般的に、押し出しからスタートですが、2Dを利用するから始まるので、スイープ(厚みを持たせる)から始まります。

2画面構成
図面とモデル画面でどちらから? 優先モードの関係を理解して開始。 3D 単体で書く。 2Dの作図を利用して、モデル化。 どちらか優先での作業となるようです。

カスタマイズ
かなり自由度が高いのですが、マウス操作を「Win」「ICAD」 と異なります。とりあえず 「Win」モードで開始します。

右クリック
各コマンドで、右クリックを試します。「GO」「NEXT」 で進行していくようです。 「ESC」も有効でした。Undo・Redo は、必携


ファンクションメニュー

3D(赤文字)と混在メニュー
【2D】
直線・曲線・編集・移動・属性・メモシート・文字・シンボル・寸法・図面・クラス・解析・パラメ
【3D】
ファイル・投影・生成・曲面・編集・配置・シンボル・補助・機構・構造解析・プラグイン

コマンドアイコン

上記は、直線コマンド


ダイレクトコマンド

ショートカットキー
【ESC】コマンドフリー状態
 『M』→『Enter』
 MOVE - 移動

 『B』→『Enter』
 BLOCK - ブロック定義

『C』 →『Enter
CIRCLE-円

『CO』→『Enter』
COPY - 複写


『ツール』→『カスタマイズ
コマンドエイリアスで確認出来ます。少ないキーでコマンドが実行出来るようにSETされています。


電卓を起動して、計算しながら作業する
『CAL』→『Enter』

極座標 ON 指定値を半分に…
***/2(TABで送ると計算される)

四則計算出来ます。
/  割る
* 掛ける
+ 足す
-  引く










-*-


inserted by FC2 system